おせちの由来について

お正月に食べるものといえばおせちです。

おせちとは年の初めにその年の豊作を祈って食べるものとして発祥しました。またお正月くらいは家の主婦を食事の用意から解放して休めるようにという意味もあり、保存できるような味付けがなされているのが特徴です。このおせちの起源は古く弥生時代とされています。

中国から日本に伝来したもので、季節の変わり目ごとに収穫を神様に感謝してお供えする風習がありました。そしてそのお供え物を料理するようになり、奈良時代に儀式として定着しました。お正月という節目の日に邪気を払い、長寿を願うという儀式にこの料理がふるまわれるようになったのです。

更に江戸時代になると庶民の間にも広がりを見せ、山や海の幸を取り入れるようになり、料理一つ一つに意味が込められたようになっていったのです。現代では大みそかにおせち料理を作り、お正月に家族揃ってその年の抱負などを話しながら頂くというようになりました。

おせち料理は重箱に詰められるのが一般的ですが、これにも意味があり箱を重ねることがめでたさを重ねるということを意味しているのです。料理の内容としては各地方によって違いはありますが、祝い肴、口取り、焼き物、酢の物、煮物の5種類は必ず入っていて、それぞれに意味やいわれがあるのです。

邪気払いや子孫繁栄、五穀豊穣、金運、魔よけなど様々な意味を持つ料理を年の初めに食べることでその一年が健康で幸運に恵まれるようにという願いを込めて感謝しながら頂くことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です