おせちなどイベントで食べる料理について

日本では正月におせちを食べる習慣があります。

これと同様に日本ではイベントごと色々な料理を食べる文化があります。おせちはこの文化の中でも特に多くの人に知れ渡っているもので、一番食べられていると言えるかもしれません。他にはクリスマスの料理が有名です。

元々クリスマスは海外で生まれたものですが、七面鳥を食べたりワインを飲んだりケーキを食べたりします。他に端午の節句の時に柏餅を食べます。大晦日には年越しそばを食べます。これは多くの人が行っている習慣で、世代を超えて受け継がつがれてきて長年定着しているものです。

この習慣はこれまであまり廃れることがなく、ものによってはさらに盛んになったものもありました。特におせちは最近盛り上がりを見せており、家だけでなく百貨店などでも簡単に購入することが出来ます。料理は洋風のものなど工夫がこらされています。

イベントに関わらなくても季節ごとに食べるものもあります。例えば、夏にはスイカを食べたり、冬にはこたつでみかんを食べます。この様にイベントや季節に関わる食習慣は多くあり、強く根付いています。

日本人は海外に比べて、季節ものの食材というものを意識して、その素材が採れる時期に美味しく食べるということをします。同様に季節ごとの娯楽もやります。例えば、夏にはプールに遊びに行ったり、冬にはスケートに行ったりします。日本は四季があるので、季節を意識して料理を食べたり娯楽をしたりということをよくします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です